読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad Airのキーボードを使うためのブログ

iPadと純正キーボードを買ったものの使わないと勿体無いので、お芝居や映画の感想を書こうと思います。普段はOLしているよ。

Kinky bootsの英語詞をメロディーにとらわれず和訳してみる−10. Hold Me in Your Heart

お寒うございますね。
ハロウィンもとうの昔に終わり、街中も一気にクリスマスじみてまいりました。
そして毎度毎度ブログをご覧いただきありがとうございます。

先月あたりから新作ミュージカルがどさどさと始まっていますが
飽きることなく見ていただきまして恐縮です。


なんと今回で10回目です。
こんな飽きっぽい私が続けられるのもひとえにブログを読んでくださったり
感想をくださったりTwitterでシェアしてくださる皆さんのおかげです。
いつもありがとうございます。

先日、ふと、他に同じようなことをされている方はいないのかなーと思い
グーグルで検索してみました。

 f:id:jacquelineoujp:20161126220311p:image

 

f:id:jacquelineoujp:20161126220323j:image

まじかーーーーい!!!!
Google検索結果が…1ページ目の上位3つを…独占している…

ありがてえ…ありがてえ…

あまりの驚きにツイートしました。


WTF!?はWhat The F*CK!?の略ですね… まじかい!?的な…
そしてやっぱり検索1位はLand of Lolaなのですねー
連動してブログの1番よく読まれている記事もLand of Lolaです。
当たり前といえば当たり前ですが。

 


はあ… では本題に移りますが、今回はついに(?)この曲を取り上げます。
Hold Me In Your Heartです!!!!!!

ついにこの曲を取り上げる日がきたのかと思うと感慨深いです。
本当はもっと前に訳ができていたのですが、なんとなく出し惜しみしていました。
なんかこうすごい好きすぎて大切に温めていた感があります。

皆さんお気に入りの音源や写真や脳内キャプ画のご用意は大丈夫でしょうか??
私はバスタオルの準備をしてきます。
それでは参ります。


Hold Me in Your Heart– 心の中で抱きしめて

You don't want to see me anymore.
You can't listen to me laugh out loud.
You don't wanna see me dance.
You can't even take the chance
that it might reflect on you.

私の顔なんて二度と見たくないよね
大声で笑ってるところなんて聞けないよね
踊るところも見たくないよね
そうしてみようともできないでしょ?
私の中に自分を見てしまうから


You missed out on the best part of me.
The part that made me who I am today.
O, but the best part of me is standing in front of you
and loves you anyway.

私の一番いいところを見逃しちゃったよ
今の私を私たらしめているところを
でもね、その私の一番いいところが
今あなたの目の前に立っていて
しかも、どうしてもあなたを愛してしまうの


Hold me In your heart till you understand.
Hold me In your heart just the way that I am.
With all your faults, I love you.
Don't give up on me.
I wont give up on you.

心の中で抱きしめてよ 分かってくれるまで
心の中で抱きしめてよ ただ、ありのままの私を
過ちごと愛してる
私のことをあきらめないで
私はあなたを絶対あきらめない


Well you took my hand, taught me how to be strong
That's where I picked up when we went all wrong.
I know that I hurt you, and you hurt me too,
but you mean more to me, I must mean more to you.

ねえ、私が小さかった頃には、手をとって
どうやって強くなったらいいかを教えてくれたよね
私たちが仲違いしてからも、教えを守って生きてきたの
あなたを傷つけたのはわかってる でもわたしも傷ついたの
それでもあなたは私にとって大切で
私もあなたにとって絶対に大切なはずだから


Hold me In your heart till you understand.
Hold me In your heart just the way that I am
With all your faults I love you
I need you to love me that way too.

心の中で抱きしめてよ 分かってくれるまで
心の中で抱きしめて ただ ありのままのわたしを
過ちごと愛してる
同じようにあなたにも私を愛してほしいの

 

以下野次タイムーーーーーーーーーーーー

なんど聴いても号泣ですわ;;;;;;

この曲には他の曲のフレーズが形を変えて出てきます。
You can't even take the chance that it might reflect on you.
     (Hold Me in Your Heart)
    I’m a reflection, Her protection, I’m her curious mystery
    (What a Woman Want)

超個人的解釈としては、どんなに好きになれなさそうな人でも
正反対な人だと思っていても、結局共通点はあるから無闇に排除するな
というメッセージに基づいているのかなと思います。

 

but you mean more to me, I must mean more to you.
    (Hold Me in Your Heart)
   Is there really more to you than what I always thought?
    (History of Wrong Guys)
これはHistory of Wrong Guysの回の時に「伏線があるですの〜〜」
ともったいぶってたときのやつですね。
両者に共通する意味としては、「他社には自分の知る以上の価値がある」
的な感じでしょうか。


Kinky Bootsはまじでこういう歌詞の反芻?(しかも微妙に違うニュアンスで使われる)
が多いので考察が捗りますね…
特にこのHold Me in Your Heartは、ローラの人生の大きなターニングポイントの役割
を担う曲だと思うので、それまでの劇中で出てきたフレーズたちの
ちょっとしたリプライズ的な要素も含んでいるのかなと感じました。
他にも対応している箇所があれば教えてください。


そして歌詞の切なさよ…

O, but the best part of me is standing in front of you
and loves you anyway.
私の1番いいところが今あなたの目の前に立っていて
しかも、どうしてもあなたを愛してしまうの

どうしても、てやばくないですか!????!!
anywayは とにかく とかいう訳語がつくこともありますが
どちらの意味にも自分の意思とは関係なくそうなってしまう
とか何にせよそうなってしまう みたいなニュアンスなわけですよ。

嫌われてるから自分も気にしない、と思いたいけど
やっぱり小さい頃にボクシングを教えてもらった時の親子の絆
みたいなものが忘れられなくて、音信不通でも気にしてしまうこの気持ち!

はあ… 嫌われてると思う相手になかなかこんなこと言えないですよね…
例えお父さんだといえども、というか、だからこそ言えなくないですか!?
この切なさが見事に表れているanywayなのでした…

 

もうひとつ個人的な胸アツポイントはこれです。

I know that I hurt you, and you hurt me too,
but you mean more to me, I must mean more to you.
あなたを傷つけたのはわかってる でもわたしも傷ついたの
それでもあなたは私にとって大切で
私もあなたにとって絶対に大切なはずだから
ここはWith all your faults, I love you に繋がるすごい大切なフレーズだし
音楽の盛り上がりも相まって何回見てもバスタオル必須でした。

まあそれだけといえばそれだけなのですがね、


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
せ、せつねえ…
歌が短いのでだらだらといろいろ勘ぐってみました…

気に入っていただけましたらシェアなどよろしくお願いします。
それでは次回までさようなら〜〜

 

Kinky Boots: Sheet Music from the Broadway Musical: Piano/Vocal

Kinky Boots: Sheet Music from the Broadway Musical: Piano/Vocal