読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad Airのキーボードを使うためのブログ

iPadと純正キーボードを買ったものの使わないと勿体無いので、お芝居や映画の感想を書こうと思います。普段はOLしているよ。

Kinky bootsの英語詞をメロディーにとらわれず和訳してみる−3. Step One

キンキーブーツの歌詞和訳シリーズ第三弾です!
今回は、チャーリー@小池徹平氏の歌う、Step Oneをフィーチャーしていきます!
さあ、BGMにStep Oneを流しながらお楽しみくださいなー
例のごとく、注意事項などはここをご参照ください。↓

Kinky bootsの英語詞をメロディーにとらわれず和訳してみる−⒈ Land of Lola - iPad Airのキーボードを使うためのブログ

 


Step One
最初の一歩


This is time for a shake-up,
Look at me wake up, taking control.
This is a new beginning, my gears are spinning,
Let’s rock’n’roll.

今こそ新しいことを始める時だ。
前向きで、やるべきことをわかっている僕を見て。
これは新しい始まり、ギアが回り始めたから
やってやろうじゃないか

 

Just put. One foot. Onward and forward.
I used to be a zero but now I clearly feel that
I may be the hero who reinvents the heel.
ただただ一歩ずつ、片足ずつ、前進あるのみ
僕は何も持ってなかったけど、今はちゃんと分かるよ

僕はたぶん新しいヒールを作るヒーローになる

 

I may be the hero who reinvents the heel.
I may be facing the impossible,
I may be chasing after miracles.
And there may be the steepest mountain to overcome.

不可能にぶち当たっているのかも
奇跡を追いかけているのかも
急な坂道の山を登ろうとしようとしているのかも

 

But this is step one.
Yeah this is step one.

でもこれが最初の一歩なんだ
そう、これが第一歩

 

 

Who knew I had it in me,
Let me begin, see where this could go.
I’ve got knowledge and know how,
Don’t stop the show now,
Don’t stop the flow.

僕がこんな風になるなんて誰も知らなかったよね
やらせてくれよ、どうなるのか見ててくれ
知識はあるし、やり方も知っているから
今はショーを止めないで
流れを止めないで

 

Just put. One foot. Onward and forward.
I used to live in limbo never dying to begin.
But now it’s sink or swim, so I’d better dive right in.

ただただ一歩ずつ、片足ずつ、前進あるのみ
僕は何も始めようとしない宙ぶらりんだったけど
今は沈んで泳いで、挑戦するために飛び込んだんだ

 

I may be facing the impossible,
I may be chasing after miracles.
And there may be the steepest mountain to overcome.

不可能にぶち当たっているかも
奇跡を追いかけているのかも
急な坂道の山を登ろうとしようとしているのかも

 

But this is step one.
でもこれが最初の一歩なんだ

 

 

It’s not just a factory. This is my family.
No one’s gonna shut us down.
Not while Charlie Price is around.
あれはただの工場じゃない。僕の家族なんだ
だれも僕たちのことは止められない
ちょっと前の僕とは違うんだ

 

 

We may be facing the impossible,
We may be chasing after miracles.
And there may be the steepest mountain to overcome.

僕たちは不可能にぶち当たっているかも
僕たちは奇跡を追いかけているのかもしれない
急な坂道の山を登ろうとしようとしているのかも

 

We may be facing the impossible,

We may be chasing after miracles.
And there may be the steepest mountain to overcome.
But this is step one.

僕たちは不可能にぶち当たっているのかも
僕たちは奇跡を追いかけているのかも
急な坂道の山を登ろうとしようとしているのかも
でもこれが最初の一歩なんだ

 

Look what Charlie Boy has done.
This is step one.

「チャーリーボーイ」が何を成し遂げるか見ていてくれ
これが最初の一歩だから!

 

 歌詞の参照元Step One Kinky Boots Lyrics

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この曲の激アツポイントは、なんといってもチャーリーの心境の変化がそのまま描かれているところです!
具体的には、曲の始まりではチャーリーが自分を表すときは"I(僕)"なのですが、大サビからは"We(僕たち)"に変わるのです。


ターニングポイントはこの部分。


It’s not just a factory. This is my family.

No one’s gonna shut us down.
Not while Charlie Price is around.


あれはただの工場じゃない。僕の家族なんだ
だれも僕たちのことは止められない
ちょっと前の僕とは違うんだ

 

見返してみると、ここをターニングポイントに、前後で「僕"I"」が、「僕たち"We"」に変わるのが分かると思います。
歌詞の通り、工場やそこに関わる人たちが大切なんだ!と気づいて、その人たちのためにもやってやるぞーーー!!!!となっているんですねー


それにしてもこのシーンのチャーリーはめちゃめちゃ元気で走りまわってブーツ振り回しまくって更に歌わなきゃいけないからとても大変そう… まあ頑張って作って嬉しくてぶん回していたブーツは次のシーンでローラにメタクソに言われてしまうわけですがw


というわけで次回はSex is in the heelを予定しています!お楽しみにー

 

9月24日;誤字を修正